3Dソフトがないが、3Dデータを確認したい

専用のCADデータの形状を確認したい

3DCADごとに専用のファイル形式があります。専用ファイル形式は基本的にそのソフトで開くための形式なので、基本的にはそのソフトがインストールされていないと確認することができません。

IGESやSTEPなどの中間ファイルCADデータの形状を確認したい

3DCADからエクスポートしたIGESやSTEPといった、中間ファイル形式は一般的なCADソフトで開くことができます。

またCADそのものがインストールされていない場合は、Rhinocerosの評価版(90日以降は保存は出来なくなります)をインストールし、ビュワーとして使用することもできます。

Rhinoceros 6 評価版ダウンロードページ

CADソフトをインストールせずに、形状を確認したい

あらかじめ3DPDF形式でエクスポートしておくことで、CADソフトを持っていない環境でもAcrobat Reader などのPDFを確認するソフトから、3D形状を確認することができます。

STLなどのポリゴンデータの形状を確認したい

あらかじめSTLやOBJ、FBXなどのポリゴン形式でエクスポートしておくことで、一般的なCGソフトにインポートして形状を確認することができます。

3Dから2Dに線図を作成したい

3DCADデータから2Dの線図(ベクトルデータ)に変換するには、3Dソフトごとの作図機能を使う必要があります。

また3DCADを持ってない方は、下記のような線図に変換するWebサービスを使用する方法もあります。

 

Drop3D Cloud
3D・CADデータを特別なソフトがなくても、Web上で簡単にベクトル・画像データに変換・ダウンロードできます(無償)。

対応しているデータ 3dm,IGES,OBJ,STL 出力 SVG(ベクトル)データ

Drop3DCloud_01.png
Drop3DCloud_02.png
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2020 AppliCraft Co., Ltd. All Rights Reserved.